• 本

心にひびく日本の古典

出版社名 新潮社
出版年月 2002年7月
ISBNコード 978-4-10-455001-2
4-10-455001-9
税込価格 1,404円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

奈良時代のサラリーマンの悲哀を歌った「万葉集」、高齢者問題が深刻な「大和物語」、不倫地獄「源氏物語」、家庭崩壊「枕草子」、女の魔性「今昔物語」、究極の王朝ポルノ「小柴垣草子」…古典は、私たち現代人に「生きるヒント」を与えてくれる「人生論」の宝庫。

目次

万葉集―生活のアンソロジー
竹取物語―ガンダーラの秘宝
宇津保物語―王朝アラビアンナイト
大和物語―老人介護地獄
源氏物語―姦通そして老人ホーム
枕草子―虚構の家
栄花物語―王朝ホスピス
今昔物語集―女の魔性
小倉百人一首―和歌は世につれ
小柴垣草子―王朝ポルノ物語〔ほか〕

出版社
商品紹介

清少納言の家庭崩壊、紫式部の老人介護。世に悩み事の種は多かれども、今も昔も浮世で忍ぶ艱難辛苦に変りなし。古典に学ぶ究極的人生の知恵。

おすすめコメント

清少納言も「家庭崩壊」?紫式部も「老人介護」!?大和物語、源氏物語、枕草子、今昔物語・・・。今も昔も浮き世で忍ぶ艱難辛苦の変りなし。こんなに面白い「古典文学」の愉しみ方、あります。

著者紹介

山口 博 (ヤマグチ ヒロシ)  
東京生れ。東京都立大学大学院博士課程修了。富山大学・新潟大学教授、北京日本学研究センター客員教授等を経て、現在聖徳大学教授・言語文化研究所長。文学博士。専門は古代和歌で『王朝歌壇の研究』(桜楓社)5冊がある。グローバルに見た『万葉集の誕生と大陸文化』(角川選書)、考古学からの『万葉歌のなかの縄文発掘』(小学館)、エピソードで綴った『王朝貴族物語』(講談社現代新書)等々、いずれも斬新な視点からマスコミに取り上げられ、版を重ねる。テレビ・ラジオにも出演。和泉流セミプロ狂言師として舞台にも立っていた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)