• 本

マックスウェルの悪魔 確率から物理学へ 新装版

ブルーバックス B−1384

出版社名 講談社
出版年月 2002年9月
ISBNコード 978-4-06-257384-9
4-06-257384-9
税込価格 1,210円
頁数・縦 276P 18cm
シリーズ名 マックスウェルの悪魔

商品内容

要旨

タイムマシンを実現させて過去をよみがえらせ、永久機関を動かして、世間をアッといわせてみせる。人類が滅び、宇宙に終焉が訪れるとすれば、マックスウェルの悪魔こそ、救世主か?この不可思議な悪魔に目をつけながら、時間の向きを決めているという「エントロピー」を、他に類を見ない面白さとわかりやすさで解説する。

目次

1 永久機関のはなし
2 エルゴード仮説より
3 確率から物理法則へ
4 秩序崩壊
5 なぜ空気はつもらないか
6 でたらめの世界
7 救世主としての悪魔

出版社・メーカーコメント

永遠に動き続ける永久機関は存在するか?マックスウェルの悪魔と呼ばれる、一見奇妙なパラドックスを介して、なぜ確率と物理学がつながるのかを解説。都筑卓司のベストセラー、一挙6冊新装版刊行第3弾

著者紹介

都筑 卓司 (ツズキ タクジ)  
1928年浜松市生まれ。海軍兵学校、旧制一高から東京文理科大学物理学科へとすすみ、同大学院では統計力学を専攻。物理学の全分野にわたって幅広い知識をもつ。横浜市立大学で教鞭をとり、同大学名誉教授。2002年7月惜しくも逝去された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)