• 本

心理学の新しいかたち 方法への意識

出版社名 誠信書房
出版年月 2002年10月
ISBNコード 978-4-414-30151-9
4-414-30151-3
税込価格 3,520円
頁数・縦 275P 22cm

商品内容

要旨

本書は、各執筆者が自らの専門の枠を超えて、心理学の新しい方法や、方法に関する議論をどのように統合し、“新しいかたち”を創っていくのかというテーマに取り組んだもの。認知心理学、臨床心理学、発達心理学、心理統計学、教育心理学、社会心理学、心理学史等々の各専門領域のコラボレーションを通して“心理学の新しいかたち”を探り、提案する試みとなっている。

目次

第1章 心理学の新しいかたちを探る
第2章 問いを発することと確かめること:心理学の方法論をめぐる一試論・私論
第3章 研究法に関する基本姿勢を問う:本来の姿ないし基本に戻ろう
第4章 フィールドに関わる「研究者/私」:実践心理学の可能性
第5章 モード2・現場心理学・質的研究:心理学にとっての起爆力
第6章 心理学研究における二項対立を越えて

目録情報

気鋭の若手心理学者が,「心理学の未来」についてそれぞれの分野から提言した野心作。(心理図書総目録より)

出版社
商品紹介

臨床心理学、教育心理学、実験心理学、社会心理学、発達心理学の気鋭の中堅心理学者達が心理学の展望をこころみる。

著者紹介

下山 晴彦 (シモヤマ ハルヒコ)  
1957年静岡県に生まれる。1980年東京大学教育学部卒業。1983年東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。現在、東京大学大学院教育学研究科助教授、博士(教育学)。専攻は臨床心理学
子安 増生 (コヤス マスオ)  
1950年京都市に生まれる。1973年京都大学教育学部卒業。1977年京都大学大学院教育学研究科博士課程中退。現在、京都大学大学院教育学研究科教授、博士(教育学)。専攻は教育認知心理学、発達心理学
遠藤 利彦 (エンドウ トシヒコ)  
1962年山形県に生まれる。1986年東京大学教育学部卒業。1992年東京大学大学院教育学研究科博士課程退学。現在、京都大学大学院教育学研究科助教授。専攻は発達心理学・感情心理学
吉田 寿夫 (ヨシダ トシオ)  
1956年静岡県に生まれる。1979年広島大学教育学部卒業。1984年広島大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、兵庫教育大学学校教育学部教授。専攻は社会心理学、教育心理学
鹿毛 雅治 (カゲ マサハル)  
1964年横浜市に生まれる。1986年横浜国立大学教育学部卒業。1991年慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、慶応義塾大学教職課程センター助教授、博士(教育学)。専攻は教育心理学
佐藤 達哉 (サトウ タツヤ)  
1962年に生まれる。1985年東京都立大学人文学部卒業。1989年東京都立大学博士過程中退。現在、立命館大学文学部助教授、博士(文学)。専攻は社会心理学、心理学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)