• 本

夜鳥

創元推理文庫

出版社名 東京創元社
出版年月 2003年2月
ISBNコード 978-4-488-25102-4
4-488-25102-1
税込価格 1,100円
頁数・縦 345P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

仁術の士モーリス・ルヴェルは稀代の短篇作家である。面桶に慈悲を待つ輩、淪落の尤物や永劫の闇に沈みし者澆季に落涙するを、或いは苛烈な許りに容赦なく、時に一抹の温情を刷き、簡勁の筆で描破する。白日の魔を思わせる硬質の抒情は、鬼才の名にそぐわしい極上の〓〓である。加うるに田中早苗の訳筆頗る流綺。禍棗災梨を憂える君よ、此の一書を以て萬斛の哀〓を掬したまえ。

著者紹介

ルヴェル,モーリス (ルヴェル,モーリス)   Level,Maurice
1875年フランス生まれ。パリの病院に医師として勤めながら短篇を執筆し、“ル・ジュルナル”誌などに発表。英米仏の読書人を魅了し、「フランスのポオ」と賞賛され、ヴィリエ・ド・リラダンの「コント・クリュエル(残酷物語)」に重ねて評価された。日本では戦前に“新青年”等に翻訳紹介され、江戸川乱歩、小酒井不木、夢野久作などが絶賛し、時の探偵文壇を熱狂させた。1926年没
田中 早苗 (タナカ サナエ)  
1884年秋田県生まれ。早稲田大学英文科卒業。英米仏文学翻訳家。1945年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)