• 本

マークスの山 下

講談社文庫

出版社名 講談社
出版年月 2003年1月
ISBNコード 978-4-06-273492-9
4-06-273492-3
税込価格 700円
頁数・縦 356P 15cm
シリーズ名 マークスの山

商品内容

要旨

殺人犯を特定できない警察をあざ笑うかのように、次々と人を殺し続けるマークス。捜査情報を共有できない刑事たちが苛立つ一方、事件は地検にも及ぶ。事件を解くカギは、マークスが握る秘密にあった。凶暴で狡知に長ける殺人鬼にたどり着いた合田刑事が見たものは…。リアルな筆致で描く警察小説の最高峰。

おすすめコメント

高村薫の最高傑作が、大幅改稿して文庫で登場!警察小説の最高峰と絶賛された直木賞受賞作。94年版「このミステリーがすごい!」では、第1位を獲得。人の心に犯罪を呼ぶ山。精神に<暗い山>を抱える「マークス」に迫る警視庁捜査第一課七係合田刑事の活躍を描く。

出版社・メーカーコメント

ここに高村作品の合田刑事の原点がある!次々に謎の凶器で殺人を犯す「マークス」。つながりのない被害者を結ぶ糸は?マークスを追いつめた合田刑事が見たものとは。リアルな筆致で描く警察小説の金字塔

著者紹介

高村 薫 (タカムラ カオル)  
1953年、大阪に生まれる。国際基督教大学を卒業。商社勤務をへて、’90年『黄金を抱いて翔べ』で第3回日本推理サスペンス大賞を受賞。’93年『リヴィエラを撃て』で日本推理作家協会賞、『マークスの山』で直木賞を受賞。’98年『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)