• 本

指輪物語フロドの旅 「旅の仲間」のたどった道

出版社名 評論社
出版年月 2003年2月
ISBNコード 978-4-566-02376-5
4-566-02376-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 118P 20×27cm

商品内容

要旨

本書は、J.R.R.トールキンの壮大なファンタジー『指輪物語』の9人の旅の仲間がたどった道筋を、詳細な地図で再現したものである。その数は実に51枚にも及ぶ。熱烈な『指輪物語』のファンだった著者のバーバラ・ストレイチーは、トールキンの手になる地図以外に、より詳しい地図を、長い間待ち望んだ。そしてとうとう、自らこの困難な作業に挑むことにした。その結果、あの「中つ国」が、私たちの目の前に完全で鮮明な姿で立ち現れることとなった。また地図には、フロドたちがナズグルから身を隠した場所、食事をした場所、野宿をした場所…に至るまでが記されている。日本語版では、巻末に地図索引をつけた。『指輪物語』本編の場面がどのような地形になっているのか、すぐに見つけやすいように。さらに、訳者によって、指輪の仲間の旅の行程を日を追って詳述する解説が加えられた。物語世界の醍醐味を再び味わう一助になることだろう。

目次

ホビット村からブランディワイン橋へ
ホビット村から水の辺村―9月23日のフロド、サム、ピピン
緑山丘陵―9月23〜24日のフロド、サム、ピピン
末つ森―9月24〜25日のフロド、サム、ピピン
マゴットじいさんの農場―9月25日のフロド、サム、ピピン
ブランディワイン橋からブリー村へ
バックル村と高垣―9月25〜26日のフロド、サム、ピピン、メリー
古森―9月26〜27日のフロド、サム、ピピン、メリー
塚山丘陵―9月28〜29日のフロド、サム、ピピン、メリー
ブリー村―9月29〜30日のフロド、サム、ピピン、メリー、アラゴルン〔ほか〕

おすすめコメント

ホビット庄から灰色港まで、待望の完全地図化!今、完璧な姿で立ち現れる「中つ国」。はるばると、時に黙して、時に苛烈に、9人の仲間の旅は続く・・・・・

著者紹介

ストレイチー,バーバラ (ストレイチー,バーバラ)   Strachey,Barbara
1912〜1999年。イギリスの著述家。BBCに長く勤務し、1974年に退職後、著述活動を始める
伊藤 尽 (イトウ ツクス)  
1965年、東京都生まれ。慶応義塾大学文学部卒業後、明治学院大学大学院修士課程および慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。アイスランド大学に留学し、帰国後、複数の大学の非常勤講師を経て、現在、杏林大学外国語学部専任講師。中世英語および北欧言語を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)