• 本

機能材料 高機能化と複合設計

出版社名 技報堂出版
出版年月 2003年3月
ISBNコード 978-4-7655-3257-0
4-7655-3257-7
税込価格 3,850円
頁数・縦 310P 21cm

商品内容

要旨

本書では材料開発の状況を踏まえ、材料の機能開発の一環として複合化による高機能化、高性能化を考え、これらの特性をめざす材料設計、製品設計について検討した。しかし材料や製品の高性能化、高機能化に対するニーズは広く、その手法もさまざまである。そこで、ここでは従来の材料や製品にかかわる高性能化、高機能化技術を踏まえ、その基礎となる基本的な技術とその物性について検討している。

目次

第1章 材料の変形と強さ
第2章 複合材料の力学的挙動
第3章 複合材料と機能
第4章 積層構造と軽量性
第5章 複合材料の成形加工
第6章 繊維強化材と機能材料
第7章 熱的特性に関する材料設計
第8章 材料の機能設計
第9章 複合機能と製品設計
第10章 未来材料(知能・資源・環境)

著者紹介

宮入 裕夫 (ミヤイリ ヒロオ)  
工学博士。1967年東京工業大学大学院博士課程(機械工学専攻)修了。東京医科歯科大学生体材料工学研究所助手。1970年同大学、同研究所助教授。1982年同大学、同研究所教授。現在に至る。専攻、複合材料工学、生体材料工学、生体機械学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)