• 本

光に向かって心地よい果実 「笑訓」と「たわごと」

出版社名 1万年堂出版
出版年月 2003年4月
ISBNコード 978-4-925253-10-9
4-925253-10-7
税込価格 1,404円
頁数・縦 261P 20cm

商品内容

要旨

元気がわく言葉と、心をいやす写真を満載。

目次

第1章 心地よい果実(いのち
善いことは、真似でもせよ ほか)
第2章 笑訓(小鳥の鳴き声に意味なんかない
“金持ちになる秘訣は…”そう尋ねられた成功者は、男を大きな木に登らせた ほか)
第3章 「光に向かって100の花束」抄(光に向かって
香りの高い花 ほか)
第4章 「光に向かって123のこころのタネ」抄(役を済ませて舞台裏に戻れば、人間なんの違いもない
上等の人は、顔に表さない ほか)
第5章 「なぜ生きる」抄(生きる目的がハッキリすれば…
「生命の尊厳」「人生の目的」を鮮明にせよ ほか)

おすすめコメント

窮地に立った時こそがチャンス、忙しい時ほど勉強できる、「闇」に泣いた人だけに「光」に遇った笑いがある・・・。大切な自分をもう一度見つめ直し、勇気と元気を心に実らせる感動の一冊。読者の方が撮影した、数多くの美しい写真が心を癒してくれます。

出版社・メーカーコメント

シリーズ第1弾の『光に向かって100の花束』は、平成12年に発売されて以来、63万部を突破。ロングセラーとなっています。  平成14年3月発売の第2弾『光に向かって123のこころのタネ』と合わせて根強い人気を誇っています。  著者の高森顕徹先生のもとには、「この本を読んで元気になりました」「ぜひ、続編を!」という声が、多数寄せられています。  読者の皆様の、熱いご要望にお応えし、ここにシリーズ第3弾の発刊となりました。  シリーズ第3弾『光に向かって心地よい果実』には、「「笑訓」と「たわごと」」というサブタイトルがついているように、数行から見開き2ページまでの文章が満載されています。  短いから、いつでも、どこからでも、読むことができます。  悩んだ時、落ち込んだ時には、きっと元気を与えてくれる言葉があるはずです。  目標に向かって突き進んでいる時、新たな道へ踏み出そうとする時には、大切な心構えを示す言葉が見つかるはずです。 探していた言葉、忘れていた言葉、誰かに言ってほしかった言葉、生き方を見つめ直す言葉、人生を変えるような言葉が、山盛りです。  さらに、1万年堂出版創立3周年を記念し、全ページカラーの豪華版としました。心をいやす120枚のカラー写真が、言葉の力を、何倍にも高めてくれます。  入学、入社、結婚、誕生祝いなど、人生の門出への、プレゼントにも最適です。

内容抜粋

本書「目次」より

●第一章 心地よい果実  窮地に立ったときこそがチャンス/遅い早いはあるけれど、善いタネをまけば必ず善果が来る/蒔かぬ種は絶対に生えない/自分で決めた道、と思えばがんばれる/金持ちも貧乏も、いずれにしても番人にすぎない/良い習慣は、その人の徳。一旦身につけば、生涯の宝/大地を踏みしめてゆく心がけ/恐ろしさを知らぬ者ほど強そうだが、勇気があってのことではない/絶対あってはならぬ自殺のその理由を、論じられるか?/独りたたずむたそがれの人生がやってくる/他人から注意してもらえるということは、有り難いこと/アキラメれば敗北者になるだけ/忙しい人ほど勉強できる/少しでも、向上しようという心がけが一番大切/善いことは、真似でもせよ/母親の涙には、化学も分析し得ない、深い愛情がこもっている/退職すればただの人/「悩み苦しみ」が、受け心を作る/挨拶は、前向きに大きな声が大事/欲の山は、永久に満ちることはない /絵の具を惜しんで、絵を画かない画家がいたら、もう画家ではない/掃除は、人間形成全てに通じる・・・など64個の「言葉の果実」

著者紹介

高森 顕徹 (タカモリ ケンテツ)  
昭和4年、富山県生まれ。龍谷大学卒業。日本各地や海外で講演、執筆など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)