• 本

観念の歴史

出版社名 名古屋大学出版会
出版年月 2003年5月
ISBNコード 978-4-8158-0460-2
4-8158-0460-5
税込価格 5,280円
頁数・縦 310,7P 22cm

商品内容

要旨

存在の連鎖から進化の観念へ―ヨーロッパを彩った思想群の壮大な転換を、観念の基層に降り立って明らかにした、学際研究の先駆的成果。今なお最も明晰な西洋思想史の古典にして、ラヴジョイ思想史の到達点を示す。

目次

観念のヒストリオグラフィー
『不平等起源論』におけるルソーのいわゆる原始主義について
モンボドとルソー
一八世紀思想における「プライド」の観念について
美的規範としての「自然」
理神論と古典主義の並行関係
中国文化に紀元を持つロマン主義
第一次ゴシック復興と自然への回帰
ヘルダーと歴史の啓蒙哲学
初期ドイツ・ロマン主義における「ロマン的」という意味
シラーとドイツ・ロマン主義の生成
ロマン主義の区分について
コールリッジとカントの二つの世界
ミルトンと堕落の僥倖の逆説
聖アンブロシウスの共産思想
テルトゥリアヌスにおける規範としての「自然」

出版社
商品紹介

ヨーロッパを彩る思想群の壮大な転機を捉えた、最も明晰な西洋思想史の古典にして、ラヴジョイ思想史の到達点を示す。

著者紹介

ラヴジョイ,アーサー・O. (ラヴジョイ,アーサーO.)   Lovejoy,Arthur O.
1873‐1962。アメリカを代表する哲学者・思想史家。ハーヴァード大学大学院を修了。スタンフォード大学などを経て1910年から1938年までジョンズ・ホプキンズ大学哲学教授。観念史の方法を提起して学際研究の先駆をなすとともに、アメリカの代表的思想史研究誌Journal of the History of Ideasの創刊に尽力、哲学・思想史の分野を中心に大きな影響を与えた
鈴木 信雄 (スズキ ノブオ)  
千葉経済大学経済学部教授。経済学史、社会思想史専攻
内田 成子 (ウチダ シゲコ)  
千葉経済大学経済学部教授。英文学専攻
佐々木 光俊 (ササキ ミツトシ)  
東海大学講師。科学史専攻
秋吉 輝雄 (アキヨシ テルオ)  
立教女学院短期大学教授。旧約聖書学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)