• 本

香水 ある人殺しの物語

文春文庫

出版社名 文藝春秋
出版年月 2003年6月
ISBNコード 978-4-16-766138-0
4-16-766138-1
税込価格 858円
頁数・縦 351P 16cm

商品内容

要旨

18世紀のパリ。孤児のグルヌイユは生まれながらに図抜けた嗅覚を与えられていた。真の闇夜でさえ匂いで自在に歩める。異才はやがて香水調合師としてパリ中を陶然とさせる。さらなる芳香を求めた男は、ある日、処女の体臭に我を忘れる。この匂いをわがものに…欲望のほむらが燃えあがる。稀代の“匂いの魔術師”をめぐる大奇譚。

著者紹介

ジュースキント,パトリック (ジュースキント,パトリック)   S¨uskind,Patrick
1949年、ドイツのアムバッハ生まれ。新聞や雑誌の編集者をしながら書き上げた戯曲「コントラバス」で一躍注目される。85年に発表した『香水―ある人殺しの物語』は80年代ドイツ文学界最大のベストセラーとなり、23カ国語に翻訳された
池内 紀 (イケウチ オサム)  
1940年、姫路市生まれ。東京外国語大学独語学科を卒業し、東京大学大学院修士課程修了。文芸評論家、翻訳家。世紀末ウィーンの研究で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)