• 本

私たちはいま、イラクにいます

出版社名 講談社
出版年月 2003年6月
ISBNコード 978-4-06-211918-4
4-06-211918-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 45P 18×20cm

商品内容

文学賞情報

2004年 第51回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

2003年2月3日、カナダ国境に近いメーン州で行われた町の平和集会。イラク開戦が目前に迫り、国民の多くが戦争を支持しているという報道のなか、自分自身で調べ、考え、まとめあげた非戦スピーチを読み上げることは13歳の少女にとって大きな勇気が必要だった。しかし、自分の気持ちに誇りを持ち、堂々と読み上げたこのメッセージは、大きな拍手と歓声に包まれた。そして瞬く間にインターネットを通じて各国にひろまり、いまや世界中の人々から熱い共感の声が寄せられている。自分の声を世界中の人がきいてくれた―。もう少女にためらいは、ない。

おすすめコメント

悪いことが起きるのをどうすることもできずに、ただ待つしかない、イラクのすべての子どもたち。何一つ、自分たちで決めることはできないのに、その結果はすべて背負わなければならない子どもたち。声が小さすぎて、遠すぎて、届かない子どもたち。傷つけられ、将来を奪われた子どもたちの悲しみの声。13歳の少女が勇気と誇りをもって読み上げた“非戦”メッセージ!

出版社・メーカーコメント

13歳の少女が書いた非戦を願うメッセージ戦争で犠牲になるのは、自分と同じくらいの子どもたち……。イラク戦争について調べた結果を元に少女が書きあげた作文は、平和集会で拍手と歓声に包まれた。

著者紹介

アルデブロン,シャーロット (アルデブロン,シャーロット)   Aldebron,Charlotte
アメリカ北東部のメーン州にすむ。弁護士である母親の仕事の関係で、スイスで生まれた後、アフリカのザイール(現コンゴ)、マリ、中米ハイチと移り住んだ。2003年2月に地元の教会で行われた平和集会で、“What About the Iraqi Children?”が本人によりスピーチされ、拍手と歓声に包まれた。今、彼女の元には世界中から共感のメールが届く
森住 卓 (モリズミ タカシ)  
1951年、神奈川県生まれ。フォトジャーナリスト。旧ソ連の核実験場を取材した『セミパラチンスク』で日本ジャーナリスト会議特別賞受賞。イラクの取材は1998年から続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)