• 本

武士と世間 なぜ死に急ぐのか

中公新書 1703

出版社名 中央公論新社
出版年月 2003年6月
ISBNコード 978-4-12-101703-1
4-12-101703-X
税込価格 799円
頁数・縦 213P 18cm

商品内容

要旨

「武士道」という言葉は、現代のわれわれにとっても高い倫理性や無私の精神を感じさせる。ではなぜ、武士たちはそのような厳しい倫理観を身につけたのか。その行動と判断は何に拠っていたのか。本書は、武士にこそ、世間が最も大きな重圧としてのしかかり、その道徳的基準となっていたことを多くの史料から実証し、絶えず死を覚悟して事にあたらねばならなかったサムライたちの切実な姿を浮かび上がらせる。

目次

第1章 死を望む武士たち
第2章 赤穂事件と世間
第3章 武士の名誉心と外聞
第4章 細川ガラシャと恥の感覚
第5章 殉死と世間の目
第6章 世間の思惑
第7章 武士と世間

著者紹介

山本 博文 (ヤマモト ヒロフミ)  
1957年(昭和32年)、岡山県に生まれる。東京大学文学部国史学科卒業。同大大学院人文科学研究科修士課程修了。日本近世史専攻。現在、東京大学史料編纂所教授。文学博士。92年、『江戸お留守居役の日記』で、第40回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)