• 本

ダンスのメンタルトレーニング

出版社名 大修館書店
出版年月 2003年7月
ISBNコード 978-4-469-26525-5
4-469-26525-X
税込価格 2,090円
頁数・縦 290P 19cm

商品内容

要旨

舞台に立つダンサーにとって、緊張感をいかにコントロールするかは大きな課題といえます。緊張感をうまくコントロールし、集中力を高めることができれば、自分の持っている能力を最大限に発揮することができるのです。本書では、あらゆるスタイルのダンスのパフォーマンスに影響を及ぼす心理的な問題を具体的に示しながら、その解決法をわかりやすく解説しています。これほどまでに、ダンスにおけるメンタル面の強化について扱った書はなく、ダンサーやその指導者にとって必読の内容を紹介しています。

目次

パフォーミング・アチチュードのカーテンを上げよう
第1章 モチベーション―動機づけ
第2章 セルフ・コンフィデンス―自信
第3章 インテンシティ―緊張
第4章 コンセントレーション―集中
第5章 ダンス・イメージ―ダンスの心象
第6章 スランプ、ストレス、バーンアウト―不振、重圧、燃え尽きる
第7章 ダンス傷害リハビリテーションの心理学
第8章 「パフォーマンスを向上させるための心理プログラム(PPEP)」の実践

著者紹介

タイラー,ジム (タイラー,ジム)   Taylor,Jim
心理学博士。スポーツ並びに舞台芸術のパフォーマンスに関する心理学的見地からの研究に取り組んでいる。マイアミ・シティ・バレエに心理サービス・プログラムを提供、ハートフォード・バレエで指導をし、ダンス・アスペン・サマースクールのコンサルタントであり、教師メンバーの一員であった。現在は、フット・ローデルダールのノバ大学助教授となっている。タイラー博士は「ダンス・ティーチャー・ナウ」に140にものぼる論評を寄稿し、150回以上のワークショップを国内外で開催している。博士はかつてはダンサーであり、国際級アルペン・スキーヤー、さらには空手2段である
タイラー,セチ (タイラー,セチ)   Taylor,Ceci
プロフェッショナル・ダンサー、大学ダンス学科教授、さらに、ダンスの心理学的見地からのカウンセラーとして40年以上のキャリアを誇っている。ダンス並びにカウンセリングの修士号を持ち、豊かな経験から講演を行い、「ダンス・ティーチャー・ナウ」のコラム記事を寄稿している。ハートフォードのセント・ジョセフ大学の教授であり、ハートフォード・バレエのカウンセラーでもある
里見 悦郎 (サトミ エツロウ)  
モスクワ大学留学後、国際キリスト教大学大学院、東海大学大学院に学ぶ。平成12年4月、日本初の大学クラシックバレエ学科、昭和音楽大学短期大学部バレエコースを創設。比較舞踊学会理事、教育学博士。専門はバレエ教授方法学、調知バレエ動作解剖学、舞踊心理学
糟谷 里美 (カスヤ サトミ)  
大茶の水女子大学文教育学部舞踊教育学科卒業、同大学院修士課程修了。英国ロンドン大学留学後、ラバンセンターベニッシュ・インスティチュートに学び、ロイヤル・バレエ団にて研修。昭和音楽大学短期大学部バレエコース講師。専門は舞踊譜(ラバノーテーションおよびベニッシュ・ノーテーション)
村松 香織 (ムラマツ カオリ)  
お茶の水女子大学文教育学部舞踊教育学科卒業、同大学大学院修士課程修了。東海大学短期大学部講師。米国カーネギーメロン大学元研究員、昭和音楽大学短期大学部バレエコース講師を兼任。専門は舞踊動作学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)