• 本

競馬発情天国 乗峯栄一の賭け 仁川の虹篇

出版社名 アールズ出版
出版年月 2003年7月
ISBNコード 978-4-901226-57-8
4-901226-57-6
税込価格 1,430円
頁数・縦 251P 19cm

商品内容

目次

序章 エーチャンの気持ち、馬の気持ち―『乗峯栄一の賭け』2003春のG1七番勝負
第1章 ああ、声なき競馬場の声を聞きたい―2002年1‐2月
第2章 キミは幸せの虹を見たか―3‐4月
第3章 思い知ったか、16フィーバー三連発!―5‐6月
第4章 “裏”はいらない、“実感”がほしい―7‐8月
第5章 ぬるぬる競馬に突っ込むぞ―9‐10月
第6章 夫婦生活は皿である―11‐12月

出版社
商品紹介

スポーツニッポン(関西版)で圧倒的人気を誇る名物競馬コラム、好評第5弾。今春のGTの最新コラムまで、1年半を特別収録。

出版社・メーカーコメント

スポーツニッポン(関西版)で圧倒的人気を誇る名物競馬コラム、好評第5弾!今春GTの新作コラムまで、1年半分を特別収録!03年春のGT予想コラムとタニノギムレット、シンボリクリスエス、ファインモーションが活躍した02年の爆笑競馬コラム。

著者紹介

乗峯 栄一 (ノリミネ エイイチ)  
1955年岡山県生まれ。兵庫県姫路市で中高時代を過ごす。早稲田大学文学部卒業。定時制高校の教員を経て作家に転身。98年『なにわ忠臣蔵伝説』(朝日新聞社刊)で朝日新人文学賞を受賞。92年より、スポーツニッポン関西版で競馬予想コラム『乗峯栄一の賭け』を連載し現在に至る。巷では「日本一当たらない」と称されるものの、そのユニークな文体で読者の圧倒的な支持を集める。特に96年春には、千円で始めた「複勝コロガシ」が6連勝を達成。一時は63万100円を手にするものの、「単複買い間違い事件」により、一瞬にして、126万200円を失う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)