• 本

第四紀学

出版社名 朝倉書店
出版年月 2003年7月
ISBNコード 978-4-254-16036-9
4-254-16036-4
税込価格 8,250円
頁数・縦 323P 27cm

商品内容

要旨

最近、地球環境問題が人類の生存に関わる重大な課題であることが実感されるに及んで、関連諸分野の研究が活発化し、第四紀研究はそれらを取り込み、新たな発展段階を迎えた。すなわち第四紀の環境変遷史研究は海から陸、極地までを含む地球規模に拡がり、定量的に深められ、かつ加速しつつある。本書は、従来の第四紀学の解説書の枠を超えて、こうした最近の研究の進歩と現状を体系化することを意図した。

目次

1 第四紀学の基礎的概念
2 第四紀地史の枠組み
3 地殻の変動―第四紀地殻変動の特質と由来
4 気候変化
5 地表諸環境の変遷
6 生物群の変遷
7 人類史
8 第四紀研究の問題と展望

著者紹介

町田 洋 (マチダ ヒロシ)  
東京都立大学名誉教授
大場 忠道 (オオバ タダミチ)  
北海道大学大学院地球環境科学研究科地圏環境科学専攻教授
小野 昭 (オノ アキラ)  
東京都立大学人文学部史学科教授
山崎 晴雄 (ヤマザキ ハルオ)  
東京都立大学大学院理学研究科地理科学専攻教授
河村 善也 (カワムラ ヨシナリ)  
愛知教育大学教育学部教授
百原 新 (モモハラ アラタ)  
千葉大学園芸学部緑地・環境学科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)