• 本

ヒロシマ日記 新装版

出版社名 法政大学出版局
出版年月 2003年7月
ISBNコード 978-4-588-31613-5
4-588-31613-3
税込価格 2,700円
頁数・縦 304P 図版16P 20cm
シリーズ名 ヒロシマ日記

商品内容

要旨

一瞬の閃光の下に現出した地獄絵の只中で九死に一生を得、広島逓信病院長として被爆者と生死を共にした著者が、ヒロシマの56日間の異常な体験を克明に記録し、極限に生きた人々の献身と勇気を渾身の力を込めて綴った稀有のドキュメント。人類史上初の核被爆体験の貴重な証言として海外にも広く翻訳・紹介され、ノーベル賞作家エリアス・カネッティは、「この日記の各頁が熟考に値するといっても過言ではない」と本書を絶讃した。被爆直後の広島市内を撮影した貴重な記録写真46葉を付す。

目次

1 地上最悪の日
2 焦土の中の病舎
3 国亡びて山河あり
4 眠られぬ夜
5 恐怖は果しなく
6 あの犬も原爆症
7 慢性原爆症患者
8 あらしのあと

出版社・メーカーコメント

地獄絵の只中で九死に一生を得,広島逓信病院長として被爆者の治療に当った著者が,その異常な体験のすべてを克明に記録し,極限に生きた人々の献身と勇気を綴る。

著者紹介

蜂谷 道彦 (ハチヤ ミチヒコ)  
1903年岡山県に生まれる。岡山県立矢掛中学校、第六高等学校を経て昭和4年岡山医科大学卒業。その後稲田内科にて研究。昭和12年学位を受け、同17年広島逓信病院院長。昭和22年から20年間、復興発展途上の広島市に住み、広島と共に暮らす。その間原子爆弾調査委員、医師国家試験委員。昭和41年8月退官。昭和42年以後は郷里に帰り、晴耕雨読の生活に入る。昭和55年4月13日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)