• 本

神聖ローマ帝国

講談社現代新書 1673

出版社名 講談社
出版年月 2003年7月
ISBNコード 978-4-06-149673-6
4-06-149673-5
税込価格 864円
頁数・縦 262P 18cm

商品内容

要旨

見果てぬ夢「古代ローマ帝国の復興」を求め、抗争を繰り返しながらも、八百五十年間にわたり中近世ヨーロッパの中心に存在し続けた「帝国」の実像に迫る。

目次

序章 神聖ローマ帝国とは何か
第1章 西ローマ帝国の復活
第2章 オットー大帝の即位
第3章 カノッサの屈辱
第4章 バルバロッサ―真の世界帝国を夢見て
第5章 フリードリッヒ二世―「諸侯の利益のための協定」
第6章 「大空位時代」と天下は回り持ち
第7章 金印勅書
第8章 カール五世と幻のハプスブルク世界帝国
第9章 神聖ローマ帝国の死亡診断書
終章 埋葬許可証が出されるまでの百五十年間

出版社・メーカーコメント

中欧に存在した不思議な「帝国」に一千年史ドイツはじめ中欧諸国の母胎となったこの帝国は、教皇や周辺諸国、諸候と合従連衡と抗争を繰り返しながら、中世史の一極をなし続けた。その実体を解き明かす。

著者紹介

菊池 良生 (キクチ ヨシオ)  
1948年生まれ。早稲田大学大学院博士課程に学ぶ。現在明治大学教授。専攻はオーストリア文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)