• 本

極意 密命・御庭番斬殺

祥伝社文庫

出版社名 祥伝社
出版年月 2003年10月
ISBNコード 978-4-396-33132-0
4-396-33132-0
税込価格 660円
頁数・縦 373P 16cm
シリーズ名 極意

商品内容

要旨

将軍吉宗が放った御庭番が、江戸城の中奥で斬殺された。しかも胸元深くの一閃で、よほどの手練の技である。享保の改革を施行してから再び尾張藩に不穏な動きが見え始めたのだ。吉宗の密命を受け、今一人行方を絶った御庭番を探索する金杉惣三郎に、信抜流居合の恐るべき剣が対峙する。一方、武者修行の旅に出た息子清之助にも次々と刺客が殺到し、父子に危機が迫る。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして活躍後、国際謀略小説などを執筆する。98年、一転して初の時代小説『密命―見参!寒月霞斬り』を発表、迫力ある殺陣シーンと人情味によって読者の圧倒的支持を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)