• 本

暗黙知の次元

ちくま学芸文庫

出版社名 筑摩書房
出版年月 2003年12月
ISBNコード 978-4-480-08816-1
4-480-08816-4
税込価格 972円
頁数・縦 194P 15cm

商品内容

要旨

人間には、言語の背後にあって言語化されない知がある。「暗黙知」、それは人間の日常的な知覚・学習・行動を可能にするだけではない。暗黙知は生を更新し、知を更新する。それは創造性に溢れる科学的探求の源泉となり、新しい真実と倫理を探求するための原動力となる。隠された知のダイナミズム。潜在的可能性への投企。生きることがつねに新しい可能性に満ちているように、思考はつねに新しいポテンシャルに満ちている。暗黙知によって開かれる思考が、新しい社会と倫理を展望する。より高次の意味を志向する人間の隠された意志、そして社会への希望に貫かれた書。新訳。

目次

第1章 暗黙知
第2章 創発
第3章 探求者たちの社会

著者紹介

ポランニー,マイケル (ポランニー,マイケル)   Polanyi,Michael
1891年、ブダペスト生まれ。ブダペスト大学で医学博士号・化学博士号取得。1933年、ナチスの人種迫害を避けて英国に亡命。マンチェスター大学物理化学教授(のち社会科学に転ずる)、オックスフォード大学主任研究員等を歴任。76年、死去
高橋 勇夫 (タカハシ イサオ)  
1953年岩手県生まれ。東京大学英文科卒。専修大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)