• 本

邪魔 下

講談社文庫

出版社名 講談社
出版年月 2004年3月
ISBNコード 978-4-06-273968-9
4-06-273968-2
税込価格 692円
頁数・縦 390P 15cm
シリーズ名 邪魔

商品内容

要旨

九野薫、36歳。本庁勤務を経て、現在警部補として、所轄勤務。7年前に最愛の妻を事故でなくして以来、義母を心の支えとしている。不眠。同僚・花村の素行調査を担当し、逆恨みされる。放火事件では、経理課長・及川に疑念を抱く。わずかな契機で変貌していく人間たちを絶妙の筆致で描きあげる犯罪小説の白眉。

出版社・メーカーコメント

2002年大薮春彦賞受賞のクライムノベル夫の犯した小さな罪、それを隠しきるため妻は奔走するが、それは転落への道であった。追う刑事も、しかし大きな傷を心に負っていた。日常の危機を描ききる傑作!

著者紹介

奥田 英朗 (オクダ ヒデオ)  
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』(講談社文庫)でデビュー。第2作目の『最悪』が話題となりロングセラーに。『邪魔』で第4回大薮春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)