• 本

琉球布紀行

新潮文庫

出版社名 新潮社
出版年月 2004年4月
ISBNコード 978-4-10-138804-5
4-10-138804-0
税込価格 935円
頁数・縦 330P 16cm

商品内容

要旨

琉球の布への夢に憑かれて、著者は島から島へと旅をし、沖縄本島でも南から北まで歩いた。そして染織の根気のいる仕事を成し遂げ、その生活を支えてきた女たちの手仕事の実際を知り、問わず語りに、沖縄戦の苛酷な体験を聞く。琉球の布を訪ねて旅することは、作り手たちが背負っている人生を訪ねることだった―琉球の布と作り手の物語を、きものを愛する著者が愛情をこめて綴る。

目次

首里の紅型
読谷山花織と手巾
奄美大島紬
久米島紬
宮古上布
喜如嘉の芭蕉布
八重山上布
琉球藍
与那国織
琉球絣
首里織
逢えなかった人 大城志津子

著者紹介

沢地 久枝 (サワチ ヒサエ)  
1930(昭和5)年、東京都生れ。早稲田大学卒。中央公論社の編集者を経て、’72年『妻たちの二・二六事件』を書き、作家として出発。『火はわが胸中にあり』(日本ノンフィクション賞)、『記録ミッドウェー海戦』(菊池寛賞)など、多数の著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)