• 本

実戦計量経済学入門

出版社名 日本評論社
出版年月 2004年3月
ISBNコード 978-4-535-55341-5
4-535-55341-6
税込価格 3,300円
頁数・縦 295P 26cm

商品内容

要旨

本書では実務的な経済分析に必要な統計学や計量経済学の知識と応用法を紹介している。

目次

鳥瞰図―計量経済分析の概観
データの加工法
変数を関係づける
推計のテクニック
さらに進んだテクニック
最小二乗法がすべてではない
同時方程式モデル
期待をモデルに盛り込もう
機械的予測法
くさりのない犬〔ほか〕

出版社
商品紹介

エコノミストの日々の実戦の場でとにかく役に立つよう、ストレートな表現で計量分析の実用面をひたすら重視した教科書。

著者紹介

山沢 成康 (ヤマサワ ナリヤス)  
跡見学園女子大学マネジメント学部助教授、日本経済研究センター副主任研究員。1962年広島県生まれ。87年京都大学経済学部卒業、日本経済新聞社入社。データバンク局経済情報部、スタンフォード大学客員研究員、日本経済研究センター短期・中期予測班総括などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)