• 本

超・殺人事件 推理作家の苦悩

新潮文庫

出版社名 新潮社
出版年月 2004年5月
ISBNコード 978-4-10-139522-7
4-10-139522-5
税込価格 605円
頁数・縦 301P 16cm

商品内容

要旨

新刊小説の書評に悩む書評家のもとに届けられた、奇妙な機械「ショヒョックス」。どんな小説に対してもたちどころに書評を作成するこの機械が、推理小説界を一変させる―。発表時、現実の出版界を震撼させた「超読書機械殺人事件」をはじめ、推理小説誕生の舞台裏をブラックに描いた危ない小説8連発。意表を衝くトリック、冴え渡るギャグ、そして怖すぎる結末。激辛クール作品集。

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958(昭和33)年、大阪生れ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞受賞。’99(平成11)年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞受賞。理科系の頭脳に裏打ちされた緻密な構成力を駆使し、ミステリーの枠組みを乗り越える作品を発表しつづける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)