• 本

東京のインフラストラクチャー 巨大都市を支える

第2版

出版社名 技報堂出版
出版年月 2004年3月
ISBNコード 978-4-7655-1646-4
4-7655-1646-6
税込価格 5,060円
頁数・縦 488P 21cm
シリーズ名 東京のインフラストラクチャー

商品内容

要旨

都市は、人間にとってある意味で「空気」のようなものである。その中で暮らしていても、日頃はその存在の本質や問題、あるいは都市を支えるインフラストラクチャーについて思いをめぐらすことはあまりない。しかし、本書を通じて、東京とは一体どのような都市であるのか、この巨大都市の姿と機能に種々のインフラストラクチャーがどのような働きをしているのか、そして、東京はどのような問題をかかえ今後どのような方向へ向かうべきなのか、といった論点について考える。このことは、われわれの東京にとっても、そしてまた内外の諸都市にとってもきわめて有意義なことではないだろうか。

目次

プロローグ 巨大都市東京の課題とインフラストラクチャー
第1部 東京はどのようにしてつくられてきたのか―歴史的経緯と現状(地図が語る東京の地形とその変遷
水運のつくった江戸下町と鉄道のつくった東京山手 ほか)
第2部 東京はどのような技術に支えられているのか―都市づくりの工学とデザイン(地下へ広がる都市空間と建設技術
東京の軟弱地盤の諸問題 ほか)
第3部 東京はどのような問題に直面しているのか―課題と対応(都市空間の創造に向けて
地震に強い都市システム ほか)
エピローグ 安全で快適そして豊かな東京へ向けて

著者紹介

中村 英夫 (ナカムラ ヒデオ)  
東京大学名誉教授・武蔵工業大学教授
家田 仁 (イエダ ヒトシ)  
東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)