• 本

森のスケッチ

日本の森林/多様性の生物学シリーズ 1

出版社名 東海大学出版会
出版年月 2004年4月
ISBNコード 978-4-486-01637-3
4-486-01637-8
税込価格 3,672円
頁数・縦 236P 22cm

商品内容

要旨

本書は、日本の森林の樹種構成や多様性の成り立ちを紹介することを全体の目的として書いたものである。古典的な森林動態ではなく、文字通りダイナミックで劇的な変化が森林の維持や樹木の多様性維持にはたす役割をむしろ述べている。また、樹木がそうしたダイナミックな変化や他の生き物たちとの相互作用の中で、いかに多様な生活史を分化させているのかを紹介する。

目次

1章 樹木の多様性はどのように決まるのか(森林の組成を決める要因
日本の地史と植物相 ほか)
2章 森林のダイナミクス(多様性を維持するメカニズムとしての森林ダイナミクス
植生遷移 ほか)
3章 樹木の生活史戦略とその多様性(生活史戦略の考え方
種子のサイズは何を意味するか ほか)
4章 二次林の成り立ち(二次林の成り立ちは多様である
ブナの二次林 ほか)
5章 人間と森林の付き合い方の変貌(最近の森林の変化
ブナ林の変化とその歴史 ほか)

著者紹介

中静 透 (ナカシズカ トオル)  
本名・浅野透。1956年、新潟県生まれ。千葉大学卒。理学博士。森林総合研究所主任研究官、国際農林水産業研究センター主任研究官、京都大学生態学研究センター教授を経て、総合地球環境学研究所教授(現職)。専門は森林生態学、生物多様性科学で、温帯落葉広葉樹林の動態と更新、熱帯林の動態、林冠生物学などを研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)