• 本

食の世界地図

文春新書 378

出版社名 文藝春秋
出版年月 2004年5月
ISBNコード 978-4-16-660378-7
4-16-660378-7
税込価格 961円
頁数・縦 331P 18cm

商品内容

要旨

炊き立てのご飯に味噌汁、そして白菜の漬物といえば日本人の朝食の定番。だが白菜が日本に入ってきたのは明治時代のことだった。一方、韓国料理に欠かせない唐辛子は、一六世紀に日本からもたらされた。「羹に懲りて膾を吹く」が、トルコでは「ミルクでやけどをした人はヨーグルトを吹いて食べる」となる。「フレンチ」・フライはベルギーが発祥の地、スープはもともとパンだった―人が日々口にしている食べものには、各民族の歴史がつまっているのだ。

目次

第1章 世界を変えた新大陸の食材(南米生まれのジャガイモ
ある農学者のジャガイモ普及作戦 ほか)
第2章 料理の国籍(ハンブルクにハンバーグ・ステーキはなかった
ステーキは串焼き? ほか)
第3章 食べものの起源と語源(ローマ軍が発見したサクランボウ
モモはペルシア? ほか)
第4章 美食家にちなんだ料理(エピクロスは美食家ではなかった
豪華な食事をルーカランというわけ ほか)
第5章 食をめぐることわざ(パンは生活の糧
エジプト人はパン食い人、ローマ人は粥食い人 ほか)
世界の料理小事典