• 本

日本推理作家協会賞受賞作全集 61

雨月荘殺人事件 公判調書ファイル・ミステリー

双葉文庫

出版社名 双葉社
出版年月 2004年6月
ISBNコード 978-4-575-65860-6
4-575-65860-X
税込価格 1,037円
頁数・縦 589P 15cm
シリーズ名 日本推理作家協会賞受賞作全集

商品内容

要旨

長野の温泉旅館で、資産家女性の死体が発見された。自殺に偽装した殺人だとして夫が逮捕され、裁判がはじまる。はたして真相はどこに?実際に地方裁判所の公判で用いられている関係書類によって、事件の謎解きはすすめられていく。実況見分調書、解剖報告書、証拠写真…。他に類例のない画期的な形式のミステリー。

著者紹介

和久 峻三 (ワク シュンゾウ)  
1930年大阪府生まれ。中部日本新聞社の記者から弁護士に。1972年、民事裁判というテーマが斬新な『仮面法廷』で第18回江戸川乱歩賞を受賞。法律推理や経済推理が話題となる。1975年発表の「疑わしきは罰せよ」に登場した、赤かぶ検事こと柊茂のユニークなキャラクターはとりわけ人気を集め、テレビ・ドラマにもなっている。そのほか、猪狩文助、花吹省吾、日下文雄といった弁護士や、京都を舞台にした音川音次郎警部補と、シリーズ・キャラクターものを中心に作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)