• 本

グッドラック

出版社名 ポプラ社
出版年月 2004年6月
ISBNコード 978-4-591-08145-7
4-591-08145-1
税込価格 1,028円
頁数・縦 119P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 幸運とは・・・

    「幸運を手にしたい」と思った事はありませんか?きっと、誰もが一度は思ったことがあるかもしれません。そんな中、「自分には運がないから、幸運なんてつかめない」と、思った事はありませんか?そんなあなたに必見の一冊です。  何もせず、ただ待ってるだけや、人任せに行動していては、幸運をつかむことはできません。何事にも、自らが進んで行動し、他人まかせにならず行動していき、下準備をしたあなたには、幸運をつかむチャンスがうまれるのです。  誰もが、幸運をつかむことができるのです。ただ、そのチャンスをつくりだすのは、自分次第なのです。   友達や恋人のプレゼントに、おすすめの一冊です。            田中誠文堂 鈎

    (2005年1月21日)

  • 幸運のクローバーはどこにある?

    誰でも幸運を手にしたいと願っています。でも、幸運を手にするためには、その前に下ごしらえをしておかなくてはなりません。自分では何の努力もせずに、「何かいいことないかなぁ」なんて言ってはいませんか?チャンスはどこにでもあるし、今すぐに始められるのです。二人の騎士のお話から見えてくるもの・・。それは誰もがもっている幸運のクローバーの種なのです。表紙もかわいいし、読みやすいので、友達や恋人へのちょっとしたプレゼントにおすすめです。

    (2004年11月25日)

  • 「幸運」ってなんだろう

    人生の中で忘れていたものを、思い出させてくれる1冊です。二人の騎士のひとつひとつの行動が、自分の今の生き方を見つめなおさせてくれます。難しい言葉ではなく、童話のような物語で、小学生でも読みやすい内容になっています。読んだ人をすがすがしい気持ちにしてくれます。

    (2004年9月13日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2004年 第39回 書店新風賞受賞

要旨

それは五十四年ぶりの運命の再会だった―。公園のベンチで幼なじみのジムと隣り合わせたマックスは、仕事も、財産も、すべてを失い変わり果てた友人に、祖父から聞かされた「魅惑の森」の物語をかたった。奇蹟のラストへ、七日間の旅が始まる。

おすすめコメント

7日目の朝、彼らが出会った奇蹟の光景とは・・・。世界50カ国19言語で出版決定。小説か?哲学書か?それともファンタジーか?すべてをそなえた比類なき物語、ついに日本上陸!

出版社・メーカーコメント

「運」と「幸運」の違いを描いた世界的ベストセラー。魔法のクローバーをめぐる物語。

内容抜粋

本書「あとがき」より

この本を書くのには八時間しかかからなかった。 だが、この本を考えるのには三年もの月日がかかった。 人はもしかしたら「たった八時間か」と思うかもしれない。 だがもしかしたら、「三年もかかったのか」と思うかもしれない。 前者は、運の訪れを待つ者たちのこと。 後者は、幸運への下ごしらえをできる者たちのこと。

著者紹介

ロビラ,アレックス (ロビラ,アレックス)   Rovira,Alex
ヨーロッパの名門ビジネススクールESADEを卒業後、民間企業でマーケティングのキャリアを積む。1996年、コンサルティング会社を設立。クライアントにはヒューレット・パッカード、マイクロソフト、ソニー、モルガン・スタンレーなどが名を連ねる。MBAをもつ経済学者でもあるが、心理学や民俗学にも造詣が深く、企業活動や消費行動をダイナミックな人間学の中に位置付ける新しいマーケティング手法は高い評価を得ている
ベス,フェルナンド・トリアス・デ (ベス,フェルナンドトリアスデ)   Bes,Fernando Trias de
ESADEで学んだ経済学者およびMBAホルダー。ニナリッチで有名なアントニオプイグなどのマーケティング戦略に携わり、大幅な売上増へと導いた。1996年に会社を設立、ボーダフォン、ネスレ、ダノン、メルセデス・ベンツ、ソニーなどの仕事を受けている。2003年、「マーケティングの神様」フィリップ・コトラーとの共著を発表し、世界中の注目を集めた
田内 志文 (タウチ シモン)  
1974年埼玉県生まれ。フリーライターとして活動したのち渡英。イースト・アングリア大学院にて、MA in Literary Translationを修める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)