• 本

ぶらんこ乗り

新潮文庫

出版社名 新潮社
出版年月 2004年8月
ISBNコード 978-4-10-106921-0
4-10-106921-2
税込価格 572円
頁数・縦 269P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 祈りながら泣きながら読みました

    帯通り“奇跡的に愛しい”物語です。優しい優しいお話。だけど優しいだけではない。神様にすがるような気持ちで、涙を拭うのも忘れて読みました。 お話の中に、いしいしんじさんが実際に幼稚園のころに書いたというお話がでてきます。それもまた“奇跡的に愛しい”です。

    (2008年9月21日)

  • 心にしみるやさしい物語

    いしいしんじさんの物語は、優しくて引き込まれるというより心に‘‘しんしん’’と入り込んでくる感じがします。この「ぶらんこ乗り」も読み終わった時に優しい気持ちになれる、そんな物語です。         (堀)

    (2005年2月13日)

  • とにかく読んでみてください。

    読み終わったあと不思議な感動に包まれたのですが、うまく言葉にできません。帯に書いてある「奇跡的に愛しい」という言葉が一番あっているかも。どんな本でもそうですが、この本は特に、読んでみなければわからない。全然レビューになっていなくて申し訳ありませんが、間違いなくオススメの1冊です。

    (2004年10月7日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意な男の子。声を失い、でも動物と話ができる、つくり話の天才。もういない、わたしの弟。―天使みたいだった少年が、この世につかまろうと必死でのばしていた小さな手。残された古いノートには、痛いほどの真実が記されていた。ある雪の日、わたしの耳に、懐かしい音が響いて…。物語作家いしいしんじの誕生を告げる奇跡的に愛おしい第一長篇。

目次

ひねくれ男
空中ぶらんこの原理
手を握ろう!
おばけの涙
半分の犬
油断するなよ
歌う郵便配達
ローリング
若いってのはいいね
サルのお祭り〔ほか〕

おすすめコメント

読む人の心に奇跡をおこす、あまりに愛おしい物語。  ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意な男の子。声を失い、でも動物と話ができる、つくり話の天才。もういない、わたしの弟。――天使みたいだった少年が、この世につかまろうと必死でのばしていた小さな手。残された古いノートには、痛いほどの真実が記されていた。ある雪の日、わたしの耳に、懐かしい音が響いて……。物語作家いしいしんじの誕生を告げる奇跡的に愛おしい第一長篇。

著者紹介

いしい しんじ (イシイ シンジ)  
1966(昭和41)年大阪生れ。京都大学文学部仏文学科卒。2000(平成12)年、初の長篇小説『ぶらんこ乗り』を発表。たいへんな物語作家が現われたと大きな話題に。’03年、第二長篇『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞受賞。’04年、第三長篇『プラネタリウムのふたご』が三島賞候補作に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)