• 本

本格推理委員会

出版社名 産業編集センター
出版年月 2004年7月
ISBNコード 978-4-916199-62-1
4-916199-62-6
税込価格 1,210円
頁数・縦 380P 19cm

商品内容

文学賞情報

2004年 第1回 ボイルドエッグズ新人賞受賞

要旨

小中高一貫の大型校、木ノ花学園で事件は起きた。学園でいちばん古い校舎にある音楽室に、死んだはずの女の人が現れたという…。怪談の中心にいるのは、春休みに母を亡くした少女だった。事件を調べるのは、美人で巨乳の理事長木ノ花あざみによって作られた「本格推理委員会」だ。メンバーは学園一の知識を持つ委員長・桜森鈴音、空手部エースの先輩・楠木菜摘。そして委員会の最終兵器、全てを見通す「ただの勘」を持った木下椎である。あとは、俺・城崎修。普通の高校生、ただの使いっ走りだ。学校の怪談はやがて、過去の事件へとつながり、少女たちは心の歯車を狂わされていく。そして、理事長は言った。あなたが事件を解決するのだ、と。使いっ走りのこの俺が―。次世代青春小説&ミステリの扉がいま開かれる!第1回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。

出版社
商品紹介

小中高一貫のマンモス校木ノ花学園を舞台に「本格推理委員会」のメンバーが古い校舎で起きた幽霊事件の謎に挑む、青春学園ミステリ。

著者紹介

日向 まさみち (ヒナタ マサミチ)  
1980年生まれ。京都府立大学文学部在学中。京都市在住。第1回ボイルドエッグズ新人賞受賞作『本格推理委員会』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)