• 本

スピリット島の少女 オジブウェー族の一家の物語

世界傑作童話シリーズ

出版社名 福音館書店
出版年月 2004年9月
ISBNコード 978-4-8340-0637-7
4-8340-0637-9
税込価格 1,870円
頁数・縦 298P 21cm

商品内容

文学賞情報

2005年 第52回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

先住民を祖先に持つ著者が、自らのルーツをたどる中から生まれた『大きな森の小さな家』の先住民ヴァージョン。

目録情報

アメリカ先住民を祖先にもつ著者が,自らのルーツをたどる中から生まれた少女の成長物語。(ヤングアダルト図書総目録より)

出版社
商品紹介

白人が先住民の住む西武へと開拓をはじめた19世紀の中西部。先住民の少女は部族の精神をうけつぎながらたくましく成長していく。

著者紹介

アードリック,ルイーズ (アードリック,ルイーズ)   Erdrich,Louise
小説家、詩人、人文学者。ミネソタ州のリトル・フォールズ生まれ。ダートマス・カレッジで学士号、ジョン・ホプキンズ大学で修士号を取得。現在は娘とミネアポリスで住み、小説や詩を書くかたわら、「バーチバーク(樺の樹皮)」という書店を経営。全米批評家賞、オー・ヘンリー賞をはじめ、多数の文学賞を受賞
宮木 陽子 (ミヤギ ヨウコ)  
愛媛県生まれ。お茶の水女子大学大学院英文科修士課程修了。英字新聞、雑誌等の翻訳を経て、現在は書籍の翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)