• 本

人間は考えるFになる

出版社名 講談社
出版年月 2004年9月
ISBNコード 978-4-06-212580-2
4-06-212580-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 229P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 文系か理系か

    文系の人と理系の人ではものの見方や捉え方がぜんぜん違うんだなあと感じる一冊。文系土屋教授と理系森助教授のどちらに共感したり近く感じるかで、読む人の文系・理系診断ができそうです。私は文系でした。

    (2004年10月16日)

  • ひねくれもの。

    史上最強のひねくれ者同士の対談。どっちかというと森さんのほうがよりひねくれています。お二人とも独特のものの見方をされるので、今まで常識だと思っていたことが、実はそうでもないんじゃないか?と思える1冊。それにしても、この組み合わせを思いついた方はえらいと思います。森さんの読者の方が読んでいる場合が多いと思いますが、ぜひ土屋さんの本も読んでみてください。

    (2004年10月9日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

哲学・超文系、建築・超理系、絶妙「文理」対談―ここでしか読めない書き下ろし短編小説。

目次

絶妙「文理」対談(教授・助教授「書く」語りき
大学はやっぱりミステリィ
趣味は工作、コンピュータ
友達は必要か!?
(売れる)ミステリーの書き方)
短編小説 消えたボールペンの謎(土屋/賢二)
短編小説 そこに論点があるか、あるいは何もないか(森/博嗣)

おすすめコメント

哲学・超文系 建築・超理系 絶妙「文理」対談が実現!!ここでしか読めない書き下ろし短編小説・土屋賢二の小説処女作「消えたボールペンの謎」、森博嗣の異色短編「そこに論点があるか、あるいは何もないか」を収録。

著者紹介

土屋 賢二 (ツチヤ ケンジ)  
1944年岡山県生まれ。東京大学文学部哲学科卒。独特な“お笑い”哲学エッセイで知られる。現在、お茶の水女子大学教授
森 博嗣 (モリ ヒロシ)  
1957年愛知県生まれ。1996年、第一回メフィスト賞受賞作「すべてがFになる」でデビュー。現在、某国立大学工学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)