• 本

考える短歌 作る手ほどき、読む技術

新潮新書 083

出版社名 新潮社
出版年月 2004年9月
ISBNコード 978-4-10-610083-3
4-10-610083-5
税込価格 770円
頁数・縦 171P 18cm

商品内容

要旨

どうすれば気持ちを正確に伝えることができるのか。短歌上達の秘訣は、優れた先人の作品に触れることと、自作を徹底的に推敲吟味すること。ちょっとした言葉遣いに注意するだけで、世界は飛躍的に広がる。今を代表する歌人・俵万智が、読者からの投稿を元に「こうすればもっと良くなる」を添削指導。この実践編にプラスし、先達の作品鑑賞の面からも、表現の可能性を追究する。短歌だけに留まらない、俵版「文章読本」。

目次

第1講 「も」があったら疑ってみよう
第2講 句切れを入れてみよう、思いきって構造改革をしよう
第3講 動詞が四つ以上あったら考えよう、体言止めは一つだけにしよう
第4講 副詞には頼らないでおこう、数字を効果的に使おう
第5講 比喩に統一感を持たせよう、現在形を活用しよう
第6講 あいまいな「の」に気をつけよう、初句を印象的にしよう
第7講 色彩をとりいれてみよう、固有名詞を活用しよう
第8講 主観的な形容詞は避けよう、会話体を活用しよう

著者紹介

俵 万智 (タワラ マチ)  
1962(昭和37)年大阪府生まれ。歌人。早稲田大学第一文学部卒業。学生時代に、佐佐木幸綱氏の影響を受け、短歌を始める。86年、角川短歌賞を受賞。87年、『サラダ記念日』がベストセラーとなる。88年、現代歌人協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)