• 本

電車男

出版社名 新潮社
出版年月 2004年10月
ISBNコード 978-4-10-471501-5
4-10-471501-8
税込価格 1,404円
頁数・縦 364P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • 「電車男」は意中の彼女に告白できるのか。ホームページに掲載されるや、各紙誌絶賛、100万人を感動の嵐に巻き込んだ、今世紀最強の純愛物語。

    (2013年8月30日)

  • すべてはHERMESから・・・

    こんなに心が温かく晴れやかになったのは久し振りでした。最初はタイトルから想像して、なんとなく暗ぁーい内容かなと思いましたが本当にあった話ということと、文体構成が現実のメール掲示板そのもので時間までリアルに表示されていたという事で、臨場感もあり、あたかも自分が仲間の一人として参加し応援しているような感覚になっていました。小説以上にこんなラブストリーがあったなんて嬉しくて、みんなに読んでもらいたいですし、何か思い出してほしいです! 田中誠文堂  T.S

    (2005年2月3日)

  • 一緒に応援したくなる!!

    こんなにリアルな純愛物語は始めて読みました。顔も名前もわからない、ネット掲示板の住人達がひとつになって”電車男”の恋を見守る。 いつしか私も彼らと一緒に叫んでいました。電車男の決意に 「キターーーッ!!」  (堀)

    (2004年12月12日)

  • がんばれ、電車男!!

    電車の中で、ある女性に恋をした、モテない男の純愛ストーリー。でも、ただの純愛物語じゃない。彼のバックについていたのは2ちゃんねるの住人達だった!たくさんの応援の声、励まし、アドバイス。叱咤激励を受けながら、電車男は恋を実らせることができるのか!?リアルタイムでストーリーが展開していき、臨場感たっぷり。まさに話題のドラマ「24」のようなハラハラドキドキ感です。思わず応援したくなる、リアルラブストーリーです!

    (2004年11月15日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

電車内で暴れる酔っ払いから若い女性を救った、ヲタク青年。女性に縁がない彼は、彼女をデートに誘うべく、モテない男たちが集うインターネットサイトに助けを求める。いつしか「電車男」と呼ばれるようになった彼に、出来る限りのアドヴァイスを与え、時に叱りながらも温かく見守る仲間たち。熱い励ましは「電車男」に勇気を与え、彼女との距離を一歩一歩縮めていく。「電車男」は果たして意中の彼女に告白できるのか?読む人全てを熱い共感の渦に巻き込む、リアル・ラブ・ストーリー。

出版社
商品紹介

「電車男」は意中の彼女に告白できるのか。ホームページに掲載されるや、各紙誌絶賛、100万人を感動の嵐に巻き込んだ、今世紀最強の純愛物語。

おすすめコメント

出版前から話題騒然、各紙誌絶賛。百万人を感動させた純愛物語、遂に刊行!電車内で暴れる酔っ払いから女性を救った、オタク青年。女性に縁がない彼は、彼女をデートに誘うべく、モテない仲間達が集うネットの掲示板に助けを求める。励ましは「電車男」と呼ばれるようになった彼に勇気を与え、その勇気は、皆の熱い共感を呼び覚ます。「電車男」は果たして意中の彼女に告白できるのか? ──思わず息を呑むような、衝撃的な結末とは!?