• 本

食肉の帝王 同和と暴力で巨富を掴んだ男

講談社+α文庫

出版社名 講談社
出版年月 2004年11月
ISBNコード 978-4-06-256890-6
4-06-256890-X
税込価格 946円
頁数・縦 338P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 週刊現代に連載されてた当時から愛読してた。”食肉業界のドン”はこのレポートが発表されたときは、まだ逮捕されてなかった。よくもこんなレポートが出せたもんだと思う。警察、検察はこのレポートをあらゆる面から「ウラ」をとったと思う。それが逮捕への引き金の一つになったことは間違いない。無一文の少年が一大食肉会社「ハンナン」をきづき、また業界を支配し、その課程が詳しく書かれている。是非読んでいただきたい。現代、日本のウラの一面であるし、またこの世界が「アブリダサレル」ほど政、官、財の癒着が終焉してゆく姿は「郵政民営化」と同じ構図で郵政民営化のこれからを象徴してるとも取れる。(たか)

    (2005年7月8日)

商品内容

要旨

“最後のフィクサー”浅田満―自民党のドンから山口組五代目、さらには宝塚スター、元横綱・北勝海に元阪神監督・星野仙一まで…その“威光”は、広く日本社会に浸透している。同和と暴力を背景に、途方もなく肥え太った男の半生を赤裸々に綴った衝撃作!!政・官・財・暴を手玉に取った「食肉業界のドン」が、狂牛病騒動に乗じてわれわれ国民の“血税”を貪り喰らう様を暴く。

目次

はじめに―「帝王」浅田満の素顔
伝説の奉公人
同和と暴力を両輪に
影の億万長者
北海道に進出
「永田町」と「霞が関」を手玉に取る
鈴木宗男の後見人に
知事もひれ伏した大阪府
地元市長は舎弟
狂牛病騒動で荒稼ぎ
証拠を闇に葬る完全犯罪
浅田流「商売哲学」
「サイドビジネス」が炙り出す底力
史上最強のタニマチ
ファミリーの肖像
虚像が剥がされた帝国

出版社・メーカーコメント

”最後のフィクサー”浅田満のすべてを暴く3000坪の大豪邸に住み、一日に2億円稼ぐ男。山口組五代目から星野仙一まで、政・官・財・暴に隠然たる影響力を持つハンナングループ総帥のタブーに迫る!!

著者紹介

溝口 敦 (ミゾグチ アツシ)  
ノンフィクション作家、ジャーナリスト。1942年、東京都に生まれる。早稲田大学政治経済学部を卒業。出版社勤務などを経て、フリーに。2003年、『食肉の帝王―同和と暴力で巨富を掴んだ男』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)