• 本

永遠の一日

海外文学セレクション

出版社名 東京創元社
出版年月 2004年10月
ISBNコード 978-4-488-01641-8
4-488-01641-3
税込価格 2,052円
頁数・縦 310P 19cm

商品内容

要旨

一九九三年十一月一日。EUが誕生し、フェデリコ・フェリーニが世を去り、リバー・フェニックスが急逝したその日、イギリスのどこかで、ヘイゼル・バーンズとスペンサー・ケリーが生まれた。その日、二十四歳のスペンサーは、ヘイゼルと一緒にベッドにいた。その日、十歳のヘイゼルは海辺に、十歳のスペンサーはサッカー・コートにいた。その日、十二歳のヘイゼルとスペンサーは、砂丘で手を取りあって、飛んでいく飛行機を見ていた。その日、十四歳のヘイゼルは、スペンサーに電話をかけようとした。その日、十六歳のスペンサーはヘイゼルからの電話を受けた。その日、十八歳のヘイゼルと、スペンサーは…その日、二十一歳の…その日…同じ一日、違う時間軸の中で、繰り返し巡り会う恋人たち。おかしくて、どこかひねくれていて、やさしくて、不思議な恋の物語。

おすすめコメント

あの日、あなたは誰と出会いましたか?同じ日、違う時の流れの中、繰り返し出会う二人。ロンドンの片隅に愛と奇跡を描く、不思議な物語。

著者紹介

ビアード,リチャード (ビアード,リチャード)   Beard,Richard
1964年生まれ。ケンブリッジ大学卒業後、香港とオックスフォードで教職に就く。そののち、フランスとスイスに留学。帰国後、イースト・アングリア大学でマルコム・ブラッドベリに創作法を学ぶ。現在、東京大学で教鞭を取る。1996年、禁煙をテーマにした『X20』で作家としてデビュー
青木 悦子 (アオキ エツコ)  
英米文学翻訳家。東京都出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)