• 本

古本屋の女房

出版社名 平凡社
出版年月 2004年11月
ISBNコード 978-4-582-83242-6
4-582-83242-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 217,5P 20cm

商品内容

要旨

憧れの古本屋さんと結婚。子連れで古本セドリ旅行の日々、売上げ不振のゴタゴタから離婚を考える…。女房が初めて綴った痛快エッセイ。

目次

古本屋の女房(古本屋の性分
古本屋のドア
怒るお客さん ほか)
古本屋めぐりは子連れで(古本屋の娘
古本屋の息子
古本屋めぐりは子連れで)
四面書架の古本売買(女房の蔵書処分
女房が離婚を考える時)

出版社
商品紹介

古本好きが昂じて古本屋さんと結婚。子連れでの古本セドリ旅行。売上げ不振のゴタゴタで離婚を考える…。女房がつづる痛快エッセイ。

おすすめコメント

憧れの古本屋さんと結婚!子連れで古本セドリ旅行の日々、売上げ不振のゴタゴタから離婚を考える・・・女房が初めて綴った痛快エッセイ!自筆イラスト56点、「古本屋めぐりに役立つかもしれない索引」付です。

著者紹介

田中 栞 (タナカ シオリ)  
昭和34年、横浜市生まれ。横浜の古書店「黄麦堂(オウバクドウ)」夫人。三笠書房、汲古書院の編集者を経て、現在、校正者。日本出版学会会員、日本校正者クラブ会員、日本書票協会編集顧問、書皮友好協会特別会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)