• 本

あなたの知らないアンデルセン

出版社名 評論社
出版年月 2004年12月
ISBNコード 978-4-566-02176-1
4-566-02176-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 65P 21cm

商品内容

要旨

暑い国で、学者の「影」は一人歩きをはじめ、やがて恐ろしい結末へ。「影」とは果たして何者なのか、本当は何を見てきたのか…アンデルセンの作品中もっとも解釈の分かれる異色作を、デンマーク語からの新訳でおくる。

目録情報

学者とその〈影〉のミステリアスな物語。デンマーク語からの新訳。美しいカラー挿画全頁収録。(ヤングアダルト図書総目録より)

おすすめコメント

暑い国で、学者は失くした影に再会します。しかし、影はひそかに強大な力を手に入れていたのです。そして衝撃の結末が……。美しいだけではない、本当は怖いアンデルセン物語。童話の王さまアンデルセンのもうひとつの素顔がここに!

内容抜粋

本書「訳者あとがき」より

「影」はアンデルセンの作品中でもきわめて異色な恐ろしい作品で、傑作のひとつに数えられています。けれども「影」は、子どもに読ませる童話ではありません。民話的要素の強いいわゆるお伽噺ではもちろんありません。それはむしろ、芸術的な創作お伽、もしくは寓話と呼ぶべき複雑な構造をもった文学作品です。「影」のジャンルと解釈の方法をめぐってはシンポジウムが開かれたほどで、その多義性は「人魚姫」に匹敵しています。

著者紹介

アンデルセン,ハンス・クリスチャン (アンデルセン,ハンスクリスチャン)   Andersen,Hans Christian
1805年4月2日、デンマーク、フューン島の小さな町オーデンセに貧しい靴屋の息子として生まれる。14歳のとき、舞台俳優を夢見て首都コペンハーゲンに出たが挫折し、その後、声楽家やバレエダンサーを目指しながら、苦労して大学を卒業。舞台の世界での成功は収められなかったものの、書きためていた脚本や詩が認められ、1935年に最初の小説『即興詩人』(日本では森鴎外の訳で有名)を上梓する。同年に『子どものためのお伽』を発表。これで一躍“童話作家”として注目を浴びる。「マッチ売りの少女」「みにくいアヒルの子」「おやゆび姫」など世界じゅうで読みつがれる名作を著し、“童話の王さま”と呼ばれるが、おとなに向けたメッセージを秘めた作品も多い。私生活では、生涯独身を通し、孤独な生活を送ったと言われている
長島 要一 (ナガシマ ヨウイチ)  
1946年東京生まれ。1982年コペンハーゲン大学よりPh.D.取得。同大学異文化研究・地域研究所副所長。専門は、日本近・現代文学・比較文学・比較文化
シェリー,ジョン (シェリー,ジョン)   Shelley,John
イギリス、バーミンガム生まれ。ボーンビル・スクール・オブ・アート、マンチェスターポリテクニックでイラストレーションを専攻。1987年以降、日本に在住。パルコや三菱の広告で注目を浴びる。初めての絵本『ザシークレットインザマッチボックス』はイギリスでマザーグース賞次点、アメリカでペアレンツチョイス賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)