• 本

主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食のすすめ

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2005年1月
ISBNコード 978-4-492-04220-5
4-492-04220-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 220P 20cm
シリーズ名 主食を抜けば糖尿病は良くなる!

商品内容

要旨

実践した糖尿病患者のほとんどが劇的に改善!お腹を満足させながら、ダイエットにも効果的な「糖質制限食」のすべて。

目次

プロローグ 糖尿病治療食はカロリー制限から糖質制限へ
第1章 糖尿病治療は糖質制限で変わる
第2章 糖質制限食で糖尿病は劇的に改善する
第3章 糖質制限食が効く理由
第4章 糖質制限食で食べて良いもの、悪いもの
第5章 糖尿病一四〇〇万人の時代
第6章 これからの食生活を見直すために
第7章 糖質制限食、朝昼夕の一週間メニュー(献立)

出版社
商品紹介

肉類もアルコールもOKな食事。医学会の常識を覆す「新しい糖尿病治療食」を初公開した待望の書。口絵カラー「1週間献立」付き。

おすすめコメント

全国1400万人の糖尿病患者・予備軍に朗報!面倒な計算がいらず、簡単に作れて、ボリュームたっぷり。肉類もアルコールもOKの豪華な食事なのに画期的な治療効果。血糖値も低下。医学会の常識をくつがえす“新しい糖尿病食”を初公開した話題の書、ついに登場!実践した患者全員が劇的に改善しています!!

著者紹介

江部 康二 (エベ コウジ)  
1950年京都生まれ。広島で育つ。1974年京都大学医学部卒業、京都大学胸部疾患研究所で研修。1976年同文部教官助手。1978年医局長として財団法人高雄病院勤務。中国医学から出発し独自の展開を遂げ漢方臨床実践を行う。1984年絶食療法、食養生導入。1988年心理療法導入。1994年7月から高雄病院副院長就任。10月「アトピー・ネットワーク・リボーン」を設立し、運営委員代表として参加。11月からバンド「ターニング・ポイント」のリードボーカルとして毎月1回、第三金曜ライブを展開。2000年2月から高雄病院理事長に就任。2001年糖質制限食の実践を始める。高雄病院理事長として、東洋医学(漢方、鍼灸)を中心に西洋医学、糖質制限食・絶食療法・食養生、心理療法を取り入れ幅広い立場から臨床活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)