• 本

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

出版社名 オーム社
出版年月 2005年1月
ISBNコード 978-4-274-06597-2
4-274-06597-9
税込価格 2,640円
頁数・縦 266P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

普通のやつらの上を行け。天才LISPハッカーにして、ソフトウェアベンチャーを成功させた筆者が、ものつくりのセンス、成功するビジネスの秘密、発想を刺激するアイディアを語る。

目次

メイド・イン・USA―アメリカ人が車を作るのが下手なのとソフトウェアを書くのが得意なのは、同じ理由による。だがアップルの存在は、両方を改善してゆけるヒントだ。
どうしてオタクはもてないか―彼らはゲームに乗っていない。
ハッカーと画家―ハッカーは、画家や建築家や作家と同じ、ものを創る人々だ。
口にできないこと―異端的な考えを思い巡らせ、それをどう使うか。
天邪鬼の価値―ハッカーはルールを破ることで勝つ。
もうひとつの未来への道―Webベースソフトウェアは、マイクロコンピュータの登場以来最大のチャンスだ。
富の創りかた―裕福になる最良の方法は富を生み出すことだ。そしてベンチャー企業はその最良の方法だ。
格差を考える―収入の不均一な分布は、広く考えられているほど問題ではないのではないか。
スパムへの対策―最近まで、専門家の多くはスパムフィルタは成功しないと考えていた。この提案がそれを変えた。
ものつくりのセンス―素晴らしいものを創るにはどうすればよいか。
プログラミング言語入門―プログラミング言語とは何か。それはなぜ盛んに話題になるのか。
百年の言語―百年後にはどういうふうにプログラミングをしているだろう。今からでもそれを始められないだろうか。
普通のやつらの上を行け―Webベースアプリケーションでは、自分の使いたい言語を使うことができる。ライバルも同様だ。
オタク野郎の復讐―技術の分野では、「業界のベストプラクティス」は敗北へのレシピだ。
夢の言語―良いプログラミング言語とは、ハッカーがやりたいことをやれる言語だ。
デザインとリサーチ―研究は独自性が必要だ。デザインは良くならなければならない。
素晴らしきハッカー―ほかより飛び抜けて優れたプログラマがいる。そんな素晴らしいハッカーたちはどういう人物なんだろう。

出版社
商品紹介

大成功ベンチャーの創業者にして天才プログラマの著者が語る、これからの時代を見通す考え方と創造のセンス。

著者紹介

グレアム,ポール (グレアム,ポール)   Graham,Paul
新しいArc言語の設計者である。最初のウェブベースアプリケーションであるYahoo!Storeを作った。また、現在の多くのスパムフィルタに影響を与えたフィルタリング技術も開発した。ハーバード大学で計算機科学の博士号を取得しており、ロードアイランドデザイン学校(RISD)およびフィレンツェの美術学校で絵画を学んだ
川合 史朗 (カワイ シロウ)  
Scheme Arts,L.L.C.代表。1996年東京大学大学院工学系研究科修了、博士(工学)。同年Square L.A.(後のSquare USA)入社。Senior Software Engineerとしてインタラクティブ・リアルタイムCGおよびCGアニメーション製作支援に関する研究開発に携わり、コンソールビデオゲームとフルCGアニメーション映画の製作にも参加。2002年より現職。コンテンツの創作過程を支援する技術や動的プログラミング言語に興味を持ち、関連技術のコンサルティングを行っている。PCのキーボードを打つのに疲れるとピアノの鍵盤に向かう。また、時には地元ホノルルの芝居小屋で舞台に立つ役者にもなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)