• 本

立国は私なり、公にあらず 日本再生への提言

出版社名 第一法規
出版年月 2005年2月
ISBNコード 978-4-474-01853-2
4-474-01853-2
税込価格 2,640円
頁数・縦 250P 21cm

商品内容

要旨

行政改革の旗手として歩んできた加藤寛が、7人の論客とともに日本人に問う!官に頼らず、独立の丹心なくして日本の再生はない。

目次

加藤寛VS竹中平蔵―構造改革と郵政民営化の目指すところ
加藤寛VS塩川正十郎―転換期を迎えた日本の政治・経済に求められること
加藤寛VS宮内義彦―「官製市場」の変革を目指す規制改革の現在
加藤寛VS渡部昇一―教育現場における歴史認識の再考と教育の自由化を
加藤寛VS上山信一―行政改革後の地方行政の将来像を描く
加藤寛VS宮崎緑―メディアの変革は、社会・個人の価値観にどう作用したか
加藤寛VS前田正子―少子社会の雇用、子育て、地域行政のあり方を考える

著者紹介

加藤 寛 (カトウ ヒロシ)  
経済学博士。研究テーマは比較経済体制論。公共経済分析論。所属学会、日本経済政策学会元会長、ソ連(ロシア)東欧学会元会長、日本計画行政学会元会長、日本学術会議第13期・第14期会員、公共選択学会前会長。略歴―大正15年岩手県生まれ。昭和25年慶応義塾大学経済学部卒業。41年慶応義塾大学経済学部教授。平成2年慶応義塾大学総合政策学部教授・学部長。6年慶応義塾大学名誉教授。7年千葉商科大学学長。その間、米価審議会委員/社会保険審議会委員/人口問題審議会委員/第2次臨時行政改革調査会専門委員/政府税制調査会会長など歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)