• 本

少年探偵 25 文庫版

空飛ぶ二十面相

文庫版 少年探偵・江戸川乱歩  25

出版社名 ポプラ社
出版年月 2005年2月
ISBNコード 978-4-591-08439-7
4-591-08439-6
税込価格 660円
頁数・縦 229P 18cm
シリーズ名 少年探偵

商品内容

要旨

ぐるぐるとねじれた光の尾をひく、Rすい星が接近中。もしも地球にしょうとつしたら―世界中が大パニックになる!そんなある日、千葉県の海べで、別所次郎君は気味の悪いものを見た。岩山からうじゃうじゃとはいだすカニの大群。そして、海面からヌッとすがたを見せたのは、Rすい星からやってきたカニ怪人。

著者紹介

江戸川 乱歩 (エドガワ ランポ)  
明治27(1894)年10月21日、三重県名張町(現名張市)に生まれる。本名、平井太郎。早稲田大学在学中から、英米の推理小説を片っぱしから読む。卒業後、貿易会社、古本商、新聞記者などたくさんの職業を経験する。大正12(1923)年に『二銭銅貨』を「新青年」に発表。筆名の江戸川乱歩は、推理小説の始祖エドガー・アラン・ポーから取っている。その後、数多くの推理小説を精力的に書く。昭和11(1936)年「少年倶楽部」の求めに応じて書いた『怪人二十面相』がたいへんな人気を博し『少年探偵団』『妖怪博士』など少年少女に向けた作品を発表する。昭和40(1965)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)