• 本

アンベードカルの生涯

光文社新書 195

出版社名 光文社
出版年月 2005年2月
ISBNコード 978-4-334-03295-1
4-334-03295-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 348P 18cm

商品内容

要旨

「もし私が、私がそこに生れ育った階級が呻吟する、忌わしい奴隷制と非人間的不正をやっつけることができなかったら、頭に弾丸をぶちこんで死んでみせる」この国、いや外国においてすら、アンベードカルほど波瀾に富み、刺激的でロマンチックな人間は稀であろう。牛糞にまみれた不可触民の子として生れ、不治の病のように忌み嫌われた少年時代を送り、床屋、宿屋、寄宿舎、車、寺院、役所といった社会の総てから疎外され、飲水、食物すら拒否される人生を歩まされ、やがて世界的最高学府で学位を取りながら、その一歩一歩を徒手空拳、血と汗を流し一つ一つ取ってゆかねばならなかった。六五歳という短い生涯の中で、これほどまで多才な目覚ましい働きと学識を誇り得たということは、現代社会では恐らく類のない出来事であろう。『ブッダとそのダンマ』に賭けた仏教再生への凄絶な人生。

目次

二五〇〇年
幼年、青年時代
自立
時の人
奴隷制に抗して
独立宣言
輝ける星
土地、労働、教育
世界世論の審判
ガンジーとの闘い〔ほか〕

おすすめコメント

「もし私が、忌まわしい奴隷制と非人間的不正をやっつけることができなかったら、頭に弾丸をぶちこんで死んでみせる」。『ブッダとそのダンマ』に賭けた、不可触民解放の父の全貌。

著者紹介

キール,ダナンジャイ (キール,ダナンジャイ)  
1913〜1984年。インド屈指の伝記作家。主な著書の中に、ヴィール・サヴァルカル、ティラク、マハトマ・ガンジー、ジョティマ・プーレなど、近代インド社会に大きな影響を与えた人物をはじめ、優れた宗教家などを網羅している。1971年、インド政府は大統領の手によってパドマ・プジャン(蓮華飾賞)を授与し、その功績を称えた
山際 素男 (ヤマギワ モトオ)  
1929年生まれ。古代インドの大叙事詩『マハーバーラタ』の翻訳で第34回日本翻訳出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)