• 本

行政法要論

全訂第6版

出版社名 学陽書房
出版年月 2005年3月
ISBNコード 978-4-313-31236-4
4-313-31236-6
税込価格 3,630円
頁数・縦 438P 22cm
シリーズ名 行政法要論

商品内容

要旨

行訴法の大改正に対応!40年ぶりの行政事件訴訟法の改正(義務付け訴訟や差止訴訟の法定化など)に伴い、全面的に見直しを図り、最新の判例や学説をふまえ明快に解説した“原田行政法”の最新版。

目次

第1章 行政と行政法
第2章 行政のしくみ
第3章 法治行政
第4章 行政過程―いろいろな行為形式
第5章 行政上の利害の調整
第6章 行政上の損害賠償
第7章 行政の違法・不当をただす途

出版社
商品紹介

行政法をリードする著者が、行政法システムの要である行政事件訴訟法の大改正を機に全面的に見直しを図った大幅改訂版。

著者紹介

原田 尚彦 (ハラダ ナオヒコ)  
1934年東京に生まれる。1958年東京大学法学部卒。立教大学法学部助教授、東京大学教養学部教授、一橋大学法学部教授、早稲田大学政経学部特任教授を歴任。東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)