• 本

福沢諭吉の「科学のススメ」 日本で最初の科学入門書「訓蒙窮理図解」を読む

Non select

出版社名 祥伝社
出版年月 2005年3月
ISBNコード 978-4-396-50085-6
4-396-50085-8
税込価格 1,028円
頁数・縦 224P 18cm

商品内容

出版社
商品紹介

日本で最初の科学入門書をもとに、科学についての日本人の根本的な勘違いを指摘し、物理学の必要性を説く。

出版社・メーカーコメント

卒業と同時に「理科離れ」してしまった大人たちのために! 「窮理」=当時の言葉で、科学全般、特に物理学のこと  <なぜ福沢諭吉は、「科学」の必要性を説いたのか> 福沢諭吉が『訓蒙 窮理図解』を出版したのは1868年のことである。激動の時代にあって、日本が国際社会の中で生き残っていくのに、「科学」に基づいた論理的な思考法が不可欠だと考えたからであった。 だが仮の話として、いまの世に福沢諭吉が現われて、日本人が科学をどのように学んでおり、その理解がいかなるものかについて知ったとき、どのような感想を抱くであろうか。おそらく140年前の当時と現代とで、ほとんど何も変わっていないことを知って、さぞかし慨嘆することであろう。