• 本

DNA 上

二重らせんの発見からヒトゲノム計画まで

ブルーバックス B−1472

出版社名 講談社
出版年月 2005年3月
ISBNコード 978-4-06-257472-3
4-06-257472-1
税込価格 1,254円
頁数・縦 323P 18cm
シリーズ名 DNA

商品内容

要旨

遺伝学の歴史から、クリック、ウィルキンスとの出会い、二重らせん発見のドラマ、遺伝子組み換え農業、ヒトゲノム計画の舞台裏までを分子生物学の第一人者が赤裸々に語る。

目次

序章 生命の神秘
第1章 遺伝学の始まり―メンデルからヒトラーまで
第2章 二重らせん―これが生命だ
第3章 暗号の解読―DNAから生命へ
第4章 神を演じる―カスタマイズされるDNA分子
第5章 DNAと金と薬―バイオテクノロジーの誕生
第6章 シリアル箱の中の嵐―遺伝子組み換え農業
第7章 ヒトゲノム―生命のシナリオ

出版社・メーカーコメント

ワトソン博士が明かす二重らせん発見の秘話遺伝学の歴史から、クリック、ウィルキンスとの出会い、二重らせん発見のドラマ、ヒトゲノム計画の舞台裏までを分子生物学の発展とともに生きてきた著者が語る。

著者紹介

ワトソン,ジェームス・D. (ワトソン,ジェームスD.)   Watson,James D.
1968年から93年にかけてニューヨークのコールドスプリングハーバー研究所の所長をつとめ、現在は会長。また、89年から92年には、NIH(国立衛生研究所)の国立ヒトゲノム研究センター初代所長もつとめる。全米科学アカデミー及びイギリス王立協会(ロイヤルソサエティ)会員。1962年、フランシス・クリック、モーリス・ウィルキンスとともにDNA二重らせん構造の発見でノーベル医学・生理学賞を受賞
ベリー,アンドリュー (ベリー,アンドリュー)   Berry,Andrew
ショウジョウバエの遺伝学で博士号を持ち、ハーバード大学比較動物学博物館の助手をつとめる。ライターでもあり、また編者として生物学者アルフレッド・ラッセル・ウォレスの選集にも携わった
青木 薫 (アオキ カオル)  
翻訳家。1956年山形県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院修了。理学博士。専門は理論物理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)