• 本

新・衣料学概説

出版社名 光生館
出版年月 2005年3月
ISBNコード 978-4-332-10046-1
4-332-10046-8
税込価格 2,640円
頁数・縦 213P 22cm

商品内容

目次

第1章 衣料学とは
第2章 被服材料の種類
第3章 繊維
第4章 繊維製品
第5章 その他の衣料
第6章 繊維製品の組成表示と繊維の鑑別
第7章 被服地の性能とその測定法
第8章 仕上げ加工による被服地の改質
第9章 染色と染色堅ロウ度
第10章 被服の種類と被服地に要求されるおもな性能
第11章 被服地および被服の取り扱い
第12章 わが国の衣料事情

著者紹介

林 雅子 (ハヤシ マサコ)  
昭和14年東京女子高等師範学校家事科卒、19年同研究科修了、東京女高師助教授、お茶の水女子大学助教授、教授を経て現在に至る。昭和37年、工学博士。元日本家政学会会長、元日本学術会議会員
片山 倫子 (カタヤマ ミチコ)  
昭和39年お茶の水女子大学家政学部被服学科卒業。昭和41年同家政学研究科(修士課程)修了。山脇学園短期大学講師、北海道教育大学札幌分校講師、東京家政大学家政学部講師、助教授を経て昭和58年に教授となる。昭和63年農学博士、平成16年6月から(社)日本家政学会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)