• 本

小さなスナック

文春文庫

出版社名 文藝春秋
出版年月 2005年4月
ISBNコード 978-4-16-762210-7
4-16-762210-6
税込価格 693円
頁数・縦 354P 16cm

e-hon夏の100冊 おすすめコメント

2002年に亡くなられたナンシー関と、リリーフランキーの対談集。シニカルに本質をつきながら、ちゃんとフォローもするナンシーに、現在よりも過激にサブカル寄りなリリーが絡む様はトークライブのようで、今読んでも抜群に面白い。当時これが雑誌「CREA」の連載だったのも驚き。続編を何冊も読んでみたいと何度も思ってしまう一冊。かえすがえすも、早く逝きすぎた。(2016年7月)

商品内容

要旨

小1の時、赤痢で隔離されたリリーと、小5の時、水疱瘡をうつして、友達の修学旅行を台無しにしたナンシーが、絶妙な立ち位置から繰り出す伝染病に、カレーに、中国、福田和子…。苔むす間もなく話題は転がり、思えば遠くへ来たけれど、そこに広がる風景は、ポジティブ世代に贈る妄想と諦念の荒野。二人の最初で最後の対談集。

目次

「バンドエイド」か「サビオ」か、それであなたが露呈する
福田和子はなぜモテる?「すごいテクらしいんですよ」
インターネット普及で、はいたパンツの返品急増!?
近くて遠きは編集者。愛憎渦巻く!?締切り最前線
行く世紀、来る世紀。気を緩めるのはまだ早い!?
可愛い顔でこんなことを。本当は怖い?動物の話
「ポジティブ」全盛の世は妄想しつつ諦めていこう
約束の泣き、借物の笑い。私のことならほっといて
春。始まりの季節。新生活のクサい罠とは?
タキシードとVシネマ。それは男の身だしなみ〔ほか〕

著者紹介

ナンシー関 (ナンシーセキ)  
1962年生まれ。消しゴム版画家、コラムニスト。2002年6月12日逝去
リリー・フランキー (リリーフランキー)  
1963年福岡生まれ。イラストレーター。武蔵野美術大学卒業。小説、コラム、エッセイ、漫画、写真、構成、アートディレクターなど多岐にわたり活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)