• 本

ブルマーの社会史 女子体育へのまなざし

青弓社ライブラリー 36

出版社名 青弓社
出版年月 2005年4月
ISBNコード 978-4-7872-3242-7
4-7872-3242-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 250P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 近現代の歴史の間に消えた一衣服の物語

     以前に拙レビューで取り上げたパンツ本(ISBN:978-4-02-259800-4を参照されたい。)
    に続いて今回はブルマー本である。書棚で見かけた時は単なる好奇心、興味本位で
    レジに運んでいった一冊だが、拙レビュー担当の陳腐な購入同期とはまったく裏腹に、
    あくまでも学術的な観点から、極めて冷静にブルマーという衣服の出自から、それが
    いかにして日本に進出し、そして消えて行ったのか、その背景にあった物とは何かを
    5名の共著によって考察する内容となっている。

     ブルマーと聞いて何を想像するか、あるいはそれをどう捉えるかは、恐らく当人の
    性別であったり、または年齢層によって大きく異なる所だろう。しかし本書を読んで
    見えてくるのは、我々が一般的に捉え、または考えうる以上に重要かつ壮大な、
    「女性」というテーマである。女性の解放を求めて考え出されたはずのブルマーは
    何故、当の女性たちの運動によって日本社会から消えて行ったのか、その物語に迫る。

     きわめて真面目な内容となっており、ともすれば社会学特有の用語や概念に悩まされる
    事もあるだろうが、前掲パンツ本に続く「

    …続きを見る

    (2014年3月29日)

商品内容

要旨

男性教員や男子生徒の視線が存在する公的な空間で、女子生徒の脚部の付け根まで露出を強制していたブルマー。女性解放運動に出自をもつブルマーがたどった、明治期の輸入から戦後までの社会的・歴史的な変遷を読み解き、社会学・歴史学の視角から「脱女性化というジレンマ」「女子身体イメージの変容」「性の解放と抑圧のパラドックス」という女性の身体性をめぐる葛藤と闘争の物語を紡ぎ出す。そして、欲望のまなざしにさらされた結果、性的身体化=商品化することで消滅した過程を丹念に明らかにして、ジェンダー規範や行動様式にまで影響を与えたブルマーを通して、セクシュアリティの歴史的変容に迫る。

目次

第1章 ブルマー登場以前―衣服と脚の関係から(着物と活動性
女性の二本脚からみた日本服装史 ほか)
第2章 ブルマーと近代化―解放と抑圧のはざまで(ブルマーにまつわる解放と抑圧のパラドックス
欧米でのブルーマー・コスチュームの登場に対する反応について ほか)
第3章 女性の身体イメージの近代化―大正期のブルマー普及(女学生文化と体育
明治後期「女学世界」の体育言説 ほか)
第4章 ブルマーの戦後史―ちょうちんブルマーからぴったりブルマーへ(戦後の学校教育とブルマー
ブルマーの変遷 ほか)
第5章 スケープゴートとしてのブルマー(服装としてのブルマー
体育・女性・ブルマー ほか)

著者紹介

高橋 一郎 (タカハシ イチロウ)  
1962年生まれ。大阪教育大学助教授。専攻は教育社会学
萩原 美代子 (ハギワラ ミヨコ)  
1946年生まれ。文化女子大学教授。専攻はスポーツ社会学
谷口 雅子 (タニグチ マサコ)  
1965年生まれ。立命館大学・京都YMCA国際福祉専門学校非常勤講師。専攻はジェンダー社会学、スポーツ社会学
掛水 通子 (カケミズ ミチコ)  
1950年生まれ。東京女子体育大学教授。専攻は体育史、女性体育史
角田 聡美 (ツノダ サトミ)  
1970年生まれ。福山平成大学・広島県厚生連尾道看護専門学校非常勤講師。専攻はスポーツ社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)