• 本

導入対話によるジェンダー法学

第2版

導入対話シリーズ

出版社名 不磨書房
出版年月 2005年4月
ISBNコード 978-4-7972-9130-8
4-7972-9130-3
税込価格 2,640円
頁数・縦 256P 22cm
シリーズ名 導入対話によるジェンダー法学

商品内容

要旨

ジェンダー法学は、既存の法律学をこれまでにない視座から批判し、既存の法制度や学問の領域にたって、性別による社会的不平等を是正しようと試みる。女性の普遍性、男性の特殊性の事実に目を向け女性の視点と経験が生かされることが、真の男女共同参画社会実現の第一歩である。新しい学問領域であるジェンダー視点から法学を学ぶ最新のテキスト。法改正と社会の動向をキャッチした充実の第2版。

目次

1 ジェンダーと差別(国際法におけるジェンダー
家族・セクシュアリティ
雇用差別
貧困と社会保障 ほか)
2 ジェンダーからの解放(女性に対する暴力
刑事司法とジェンダー
からだ
参画)
資料 ジェンダー関連法・政策年表

著者紹介

浅倉 むつ子 (アサクラ ムツコ)  
早稲田大学教授
阿部 浩己 (アベ コウキ)  
神奈川大学教授
林 瑞枝 (ハヤシ ミズエ)  
元駿河台大学教授
相沢 美智子 (アイザワ ミチコ)  
一橋大学専任講師
山崎 久民 (ヤマザキ ヒサミ)  
税理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)